メイクと化粧水ってかなり重要なんですよね

LINEで送る
GREE にシェア
Pocket

化粧水をつける事例に気をつける事としては、手で化粧水をつけている人も多々あると考えますが、手でつけると手に化粧水が吸収されますから、肌全部につけたいと思っている時にはコットンにつけて使用するといいと考えます。

その上Tゾーンと呼ばれている皮脂の分泌が多々あると言われているところというのは、コットンの反対側を使って、メイクが崩れないように皮脂をふき取るようにしていくのが見所だと考慮します。

コットンに化粧水をつけてから顔あらましにパッティングをしていきます。

肌に水分がないと、メイクをしても崩れてしまったり、しわが可能な元になります。

コットンで充分にと水分補給をした後も手のひらで包んでうるおいを閉じ込めるようにすれば万全です。

といった事で化粧水はたっぷり使うことが大事で、しっかりと水分補給をしたあとにメイクをするととてもいいということです。

せっかくメイクをしても昼には崩れていたのでは解釈がないのですから化粧水のつけ方に気をつけましょう。

こうして化粧水をちゃんととメイクをする前に肌にしみこませておく事でその後のメイクの乗りが全然差異ますし、メイクをしてそれがいかに崩れないのかという事につながります。

メイクの前にはスキンケアが重要ですが、化粧水はナンバーワン重要といってもいいと考えます。

洗顔をした後というのは肌の油分がとれていますから、肌は乾かす状況にあるといえます。

特に目の下や眼尻のところ、口元の端というのはよく動く部位ですからメイク崩れポイントになります。なのでこういった場所はより多くの水分補給に時間が必要になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。