メイクのリキッドファンデーションは大事です

LINEで送る
GREE にシェア
Pocket

メイクをする事例にリキッドファンデーションを使うという人も多いと考えます。

リキッドファンデーションを使うとより素肌に近いナチュラルな品質にする事が可能なというポイントがあります。

乾かす肌の人がパウダーを使用すると乾かすが目立ちますが、リキッドを使用すると乾かすを押し止めることも可能なのでお勧めです。

メイクをするときのリキッドファンデーションの塗り方についてですがわずか指やスポンジにとって初めにおでこなどの範囲の広いところから顔の内側から外に向かって塗布していきます。

最初は塗装込むというよりもポンとおいてなじませる程度がいいでしょう。

皮膚が分厚いところにはちょっとちゃんと目に塗って行って、皮脂の分泌が多めであるTゾーンといわれているところや目の周囲、口の周囲などメイク崩れが著しくなってくるスポットにはあまり多く載せないで、少し筆につけて叩き込むようにのせて行くのがポイントです。

ファンデーションを充分にと肌の密着させるために、メイクの完成として何もついていない様子のスポンジで叩き込むようにするというのも要点です。

この最後のメイクの完成をしておくことで、リキッドファンデーションのつけすぎを阻止する事ができますし、乗り過ぎているファンデーションを取る事が可能なのでメイク崩れを防止する事にもつながります。

きっちりパウダーよりもちゃんととしたメイクの出来上がりにやりたいという人は、リキッドファンデーションがお勧めです。