メイクと日焼け止めについて

LINEで送る
GREE にシェア
Pocket

日焼けというのは多彩な肌トラブルを起こすといわれています。

例を挙げるとシミやしわの原因にもなりますし、肌の乾かすにもつながります。

老化を早めるとも言われていますから、日焼け止めについては充分にとケアしていかなければいけません。

メイクをする前に日焼け止めを塗るという時には少し骨が折れるに感じる人もいるかも知れません。

ただし近頃はUV成果があるようなメイクの下地クリームも提供されていますし、ファンデーションの中にもUV影響があり日焼け止めの役割を果たしているようなものなども提供されています。

ですから、紫外線対策としてメイクの前に紫外線防止の成分が入っているものを塗るという事を忘れないようにしましょう。

数多くの量を一度に塗るのではなくて、少量をちょっとずつ重ねて着色していった方が塗装残しなどもないのでいいと考えます。

顔に塗るというと必然的に頬やおでこなどには念入りに塗るという人も多々あるのですが実のところには、鼻、頬などのわずか高くなっているところが一番焼けやすい部分でもありますから、このところに細心の注意をもってに日焼け止めを着色しておく不可欠があります。

日焼け止めというのはメイクと同じで汗で落ちますし、皮脂でも落ちやすくなっているので、紫外線によく当たるというような事例には何度も彩色直すといいと思います。

なお紫外線を防止するためにメイクをちゃんととしていたとしても目から紫外線は体の中に入りますので、サングラスなども掛けて普段暮らしでケアしていきましょう。