メイクの時の下地クリームについて

LINEで送る
GREE にシェア
Pocket

メイクをする前には下地クリームを塗ると考えますが、下地を塗る必須というのは毛穴を隠したり肌のちぐはぐを均等にするという働きがあります。

化粧水、乳液などのスキンケアをしてから、ファンデーションを直ちににしてしまうと、毛穴の凸凹や肌の凸凹があり、ファンデーションが均等につきませんしムラになってしまいます。

ですからファンデーションを塗る前には下地クリームを塗る事からメイクが始まります。

下地クリームはちょっと手のひらにとってから温めておく事で肌になじみやすいですしすっと伸びるようになります。

肌の表面だけにのせて着色していくと肌が均等に見えませんから、強い力を入れる不可欠はないのですから、肌の内側から外側に向かって充分にとカラーリング込んでいくというのが重要です。

メイク前に顔全てに下地クリームをビューディフルに塗布して、加えて首にも着色しておきましょう。

顔からその続きで伸ばしてはいけません。首につけるケースは新しくクリームを手にとって伸ばしていきます。

整然と土台メイクとしてメイク前に下地を塗りこんでおけば、あとからファンデーションやアイメイク、チークなどたくさんなものを重ねてつけて行くわけですが、それらがスムーズに重なっていきますし、崩れを防止することができます。

結局メイクのベースとなる依拠の下地クリームのペインティング方から間違っていたり、いい加減だったり塗らないというような事の時には崩れやすくなってしまいますし、あとから重ならないので配慮しましょう。

http://xn--n8jln6195bvs5ae11a.net/rakuten/%E3%83%96%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%A2%E6%A5%BD%E5%A4%A9.html