メイクと乳液・クリームの基礎

LINEで送る
GREE にシェア
Pocket

メイクをする前には乳液やクリームをつけているという人も多々あると考えます。

手やコットンに乳液をとって顔概要に着色していくのですが、メイクをしていて乾燥しやすいと言われている目の周囲、頬の周囲、口の周りには、特に念いりにつけるといいと思います。

乳液はクリームよりはさらりとしているのですが、特に乾かすが気になっているという部分には、保湿力が乳液よりも優れているクリームを使用するといいと考えます。

もしもメイク前に時があるというケースは、目の下の乾かすしやすいところやほうれい線が出やすい部分に乳液をたっぷりとのせて、5分ほど放置します。

その上5分たったら優しく肌にしみこませるためにたたき込むとより染み渡る力も大きく上乗せしますし、なじみやすくなります。

しっかりとメイク前に念入りに保湿のために乳液やクリームを着色しておくだけで、肌のハリが違ってきますしメイクのノリも随分違ってきます。

けれども配慮しなければいけない点というのは、つけすぎてしまうと油が反対に出てしまいます。

皮脂が活発に分泌さることと表面にかなりいろいろついてしまった事によって化粧崩れが起きる確率もかなりあるのです。そんな時は落ち着いて軽くティッシュでポンポンと拭きとってからメイクをする事がとてもよいですね。

メイクを長持ちさせて化粧崩れを防ぎたい、乾かすから守りたいと思っている人は、特に乳液やクリームの扱いには配慮して、乾かすしやすいところを重点的にケアしていくという事が秘訣になってきます。

ジェラピケ福袋 http://xn--n8jln6195bvs5ae11a.net/fashion/fuku/%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%94%E3%82%B1%E7%A6%8F%E8%A2%8B.html